スコア100切り達成への最短ルート!パットが上達するコツは『ボールのある部分をヒット』すること

スポンサーリンク
パッティング

パッティングを苦手にしているゴルフ初心者の皆さんって結構多いんですよね。

せっかく良いショットでグリーンに乗ったのに、パッティングでカップのまわりを行ったり来たりの3パット、4パットを繰り返しているようではスコアはまとまりませんよ。

パッティングは『ボールのある部分』をヒットすることを意識するだけで、ボールの転がりや距離感がすごく良くなります。


5%OFFクーポン使えます!ピン レディース バイザー 181 33770 【あす楽対応】

スポンサーリンク

振り幅の強弱だけではパッティングは良くなりません

最初のパットを大きくショートさせたと思ったら、次のパットはカップを大きくオーバー。

カップのまわりを行ったり来たりしていたら、気づけば3パットや4パットしていた・・・。

パッティングの苦手な初心者の皆さんが陥りやすいパターンですよね。

しかし反対を言えば、この3パット、4パットの回数を減らしていければスコアはかなり良くなるということ。

パッティングの改善こそスコア100切りの最短ルートなんだよ!

ロングパットは3パットでも仕方がないとしでも、7〜8mのパットは3回に2回くらい、5m以内のパットは確実に2パットでおさめていきたいところです。

そこでパッティングで距離感を出していくことを考えるわけですが、多くの皆さんが意識するのはストローク、つまり振り幅の強弱です。

しかし現実は同じ振り幅でストロークしているのにも関わらず、ボールは一定の距離で止まらない・・・。

具体的には5mの先のカップを狙っても3mしか転がらないこともあれば、8mくらい転がってしまうこともある、みたいなことですね。

そこでさらに振り幅をシビアに考え過ぎると、益々タッチが合わなくなるという悪循環が生まれてしまったりします。

大事なのはボールの転がりを一定にすること

そもそもパッティングで一番大事なのはボールの転がり

振り幅をどれだけ同じにしても距離感がバラバラになるのはボールの転がりが一定でないことが考えられます。

パッティングの上手な方を見ていると、インパクト後は勢いよく転がっていったかと思いきや、カップ近くでスーッと止まります。

これはボールにキレイな順回転がかかって、なおかついつも一定の転がりになるようにボールをヒットできているからなのです。

ボールの転がりを一定にできれば、あとはカップまでの距離や上り下り、左右の曲がり幅などに合わせて振り幅を調整すれば、パットの距離感は劇的に良くなるはずです。

ボールの転がりを一定にすることが大事なんだね!


【数量限定】ブリヂストンゴルフ BRIDGESTONE GOLF TOUR B XS TIGER WOODS EDITION (タイガー・ウッズ エディション) ボール 1ダース(12個) USA直輸入品【ゴルフボール】 MEGASALE

ボールの中心をヒットさせよう!

ボールの転がりを一定にすることが大事なのはわかっていただけたと思いますが、肝心なのはどのように打てばよいのかということですよね。

転がりを一定にするなんて難しそうだし、そもそも順回転なんてよくわからない・・・。

いやいや、ボールの転がりを一定にするのはそんなに難しいことではないのです。

実はやるべきことはただ一つ。

パターの芯であるフェースのど真ん中これまたボールの中心をヒットさせるだけです。

インパクトでボールの中心をヒットすることが肝心なんだね!

すごくシンプルですが、これこそがボールの転がりを一定にする、もっと言えばパッティングが上達する一番のコツなのです。

逆に言えば、ストローク中に振り幅ばかりを気にしてしまって打点がバラついているから、ボールがキレイに転がらずに距離感が合わないのです。



ヘッドを浮かせてボールの赤道ラインを意識しよう!

最後にインパクトでボールの中心をヒットさせるためのアドバイスを2つ紹介します。

まず1つ目はボールを地球儀に見立てて赤道ラインを意識することです。

ボールの中心をピンポイント、つまりは“点”で意識すると、体がガチガチに力んだりしてしまいます。

力みを防ぐためにも、ボールの真ん中に赤道ラインがあるつもりで、そのラインにフェース面をあわせるように打つのです。

そうすると(当たり前ですが)ゴルフボールは球体ですから、インパクトでは自ずとボールの中心をとらえることができます。

そして2つ目はアドレスの時からパターフェースを浮かせることです。

パターフェースを浮かせることで最初からインパクトの状態を作っておくということですね。

多くのゴルファーの皆さんがアドレスの時点でパターフェースを地面にベッタリ付けていますが、これもインパクト時の打点がバラつく大きな原因となっていることが多いです。

パッティングが苦手な人ほどアドレスでパターフェースを浮かせたままでストロークを始動させたほうが良いでしょう。

ちなみにパターフェースを地面から浮かせる高さは12mmくらいがベスト(パターの中心とボールの中心がちょうど重なる)だそうですよ。

※本気でゴルフが上手くなりたいならココ!

        ↓↓↓↓

       RIZAP GOLF


テーラーメイド ゴルフ スパイダーX カッパー スモールスラント パター TaylorMade SpiderX【スパイダーXパター】【あす楽対応】

まとめ

★パッティングが上達するコツ★

パッティング上達のコツは『ボールの中心』をヒットすること。

ボールの中心をヒットできればボールの転がりが一定になりやすい。

ストロークの振り幅を気にし過ぎて肝心な打点がバラつかないように。

ボールを地球儀に見立てて、赤道ラインにパターフェースを当てにいくつもりで打つ。

アドレスの時点からパターフェースを地面から浮かせる(目安は12mm)のも有効。

気になった方は次のラウンドや練習でさっそく試して見て下さいね!

※『手っ取り早くパットが上手くなりたい…』そんな皆さんにオススメかも…

☟☟☟ 

ITパッティング理論


【USモデル/渋野日向子プロ使用モデル】 ピン ゴルフ シグマ2 アンサー パター プラチナム仕上げ PING SIGMA2 Anser【シグマ2パター】【あす楽対応】



コメント

タイトルとURLをコピーしました